スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


「陰日向に咲く。」

劇団ひとりの処女小説を映画化。
「陰日向に咲く」出演者たちの意外な「日陰」

[eiga.com 映画ニュース]
現在までに約85万部の売上げを記録しているお笑い芸人、劇団ひとりの同名処女小説を映画化した「陰日向に咲く」が完成。12月10日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて完成披露試写会が行われ、主演の岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、西田敏行、三浦友和、平川雄一朗監督が、本作をイメージした花が咲き乱れたフラワーカーペットでの舞台挨拶に登壇した。

本作は、ギャンブル狂のシンヤ(岡田)、崖っぷちアイドルのみゃーこ(平山)、ホームレスに憧れるエリートサラリーマンのリュウタロウ(三浦)など、どこか日の当たらない9人が織りなす群像コメディ。35年前と現代の2つのパートに分かれてストーリーが進行することから、これだけ数多くの出演者がいながら、撮影中に出会うことは少なかったという。伊藤が「ほとんどの方と絡みがなく、この場に来て初めて、尊敬する先輩方をはじめ、豪華キャストの方に囲まれた幸せな作品だったんだと実感した」と語るなど、皆一様に作品の完成を噛み締めていた。

その一方で、「日陰を感じるか?」との質問に、「もう13年もこの仕事をしているが、いまだに人前に出ると吐きそうになる」と語った岡田をはじめ、西田と塚本以外は自らを「日陰の人間である」と発言。脚光を浴びる豪華キャストたちの意外な告白に、会場は驚きに包まれていた。

「陰日向に咲く」は08年1月26日公開。


陰日向に咲く陰日向に咲く
(2006/01)
劇団ひとり

商品詳細を見る


この本は昨年購入して読みましたが、映画化されるということで、
改めて読み返してみました。
そして、前回読んだところと同じところで泣きました。

なんといっても、人間描写がイイ!!
一人ひとりが丁寧に描かれてます。
陰日向に生きる愛すべき人たちの物語。

来年公開がとても楽しみデス♪
映画として、話をどのように組み立てていくのか楽しみですが、
本を読んでない人は是非読んでもらいたい1冊。

「陰日向に咲く」公式サイト
http://www.kage-hinata.jp/index.html
スポンサーサイト






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。