スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


「アイ・アム・レジェンド。」

ウィル・スミス主演。
『アイ・アム・レジェンド』

【ストーリー】
私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。

もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら...
誰でもいい、応えてほしい。

66億人の絶滅と、たった1人の生存者。
2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。
この街がかろうじて生きていることを伝えるのは、通りを走り抜けていく
1台の真っ赤なマスタングだけ。
運転しているのは、ロバート・ネビル。
3年前、人類に降りかかった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で
そしておそらくは全世界で、ただ1人生き残った男。

今や唯一の話し相手となった愛犬サムとともに、無人の店舗で食料品や
日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って、彼は独りで生きている。
定員代わりに並べたマネキン、空軍基地の飛行機の翼から摩天楼に向かって
打ち放つゴルフのショット。
何をするのも独り、どこへ行っても独り。
それはいつ終るとも知れない究極の孤独だ。

自分以外の生存者を探しもとめて、3年間、毎日咽んで流し続けている
メッセージには、いまだ誰からも返事はない。
果たしてこの世に生存者はいるのか?
有能な科学者でもある彼が、自らに課した使命、それは人類を絶滅させた
原因を取り除き、再生の道を探ること。
今はそれだけが彼の生きる支えとなっていた。

地球最後の男に希望はあるのか--
観に行きましたよ~。

感想は...。
↓↓ネタばれ注意です↓↓

ニューヨークの荒れ果てた街を疾走する1台のマスタング。
その先には逃げ惑う鹿の群たち。

人類絶滅の危機に陥ったのは、ウィルスが原因。
ウィルスに免疫があったのは約数万人といわれている。
ニューヨークに残っているのはネビルと愛犬サム。
残りの人はウィルスに侵され、狂犬病のような症状が出て
凶暴になり、紫外線に弱く日中は活動ができない。

科学者でもあるネビルは、人類を救うことを信念に、原因である
ウィルスの特効薬を作るために実験の毎日を送っている。
ネズミで実験をしたり、感染した人間を捕まえてきては、
ネズミ実験で効果のあった血清をつかって実験したり...。

そんな中、愛犬サムがウィルスに感染する事件がおき、
死んでしまう。
ネビルは自暴自棄に陥り、凶暴化したウィルス感染者に
戦いを挑むも、殺される寸前、免疫者である母子に助けられる。

彼女が言うには、ウィルス感染していない人々が住む
場所があるという。
息子と一緒に向うところで、ネビルも一緒に行くよう
誘われるが、原因の元があるニューヨークを離れる事は
できないとネビルは断る。

ネビルたちの住む場所を突き止めたウィルス感染者たちが
襲い掛かる中、以前実験した人体に変化があったことに気が付く。
ネビルは母子にその血清を託し、守るためにウィルス感染者たちと
ともに自爆する。

母子はウィルス感染していない人々の街にたどり着き、
数年後、ネビルが託した血清を元に特効薬が作られた。

そして、ネビルは伝説となった...。


これが、アイ・アム・レジェンドのストーリー...。(^L^;

3年間、ともに過ごしてきた愛犬サムが死ぬのところは、
さすがにうるっ(≧x≦)ときました...。

でもーーーーーーっ。ヾ(≧m≦)ノ

やっぱ伝説になるためには、死ぬか。って感じだし、
ウィルス感染した人たちが凶暴化するとことか、
なんだか設定がバイオハザードっぽい。(^L^;

やり尽くされたネタですから、仕方ないかなって思うけど、
私的には、1,800円は高かったなって感じ。
TVでやるのを待ってもいいかも?
スポンサーサイト






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。