スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


「SP(エスピー)第8回。」

『SP(エスピー) - 警視庁 警備部 警護課 第4係 』

【第8回】
井上(岡田准一)と佐伯(高橋洋)は、警護対象者の工藤(偉藤厚次)が出てくると、素早く警護体制を組む。しかし、立ち寄ったトイレで突然暴漢に襲われ、佐伯と離れた井上は退避を開始。危険を回避しながら工藤を守り、非常階段で佐伯と落ち合い建物1Fへ誘導。車へと急ぐが、周囲の人物たちからシンクロで悪意を感じ、二手に分かれて制圧にかかる。その瞬間、1人になった工藤に車から銃身が伸びてきて発射音が鳴る。

駆けつけるも間に合わず、肩を落とす井上の周りに佐伯、工藤、襲ってきた犯人たちが寄ってくる。これまでの動きは井上、佐伯の警護訓練だったのだ。どう警護するべきだったか問う井上に、犯人役をしていた教官はVIPに覆いかぶさって防護壁になれと真顔で言うのだった。そんな井上の警護をじっと見つめていた尾形(堤真一)は、その後、井上を個別に呼び出した。両親が巻き添えとなった事件のことを覚えているかと聞く尾形に、井上は考えると闇に取り込まれそうになると語る。そして自分のような人間を生み出さないためにもSPになりたいと告げる。

井上と尾形の再会から約5カ月後―――。 

井上は警護課第4係に配属されることとなる。まずは環境大臣の警護につくがその異色な警護方法に石田(神尾佑)、笹本(真木よう子)、山本(松尾諭)らはいら立ちを募らせる。しかし、翌日の警護中に井上が異変を素早く察知したことで石田と笹本は井上に何かを感じとる。さらに数カ月――。帰り支度をしながら、都知事の拳銃事件や病院占拠事件を振り返り、冗談半分で井上が来てから大きな事件が続いてるとぼやく第4係の面々。同じ頃、20年前に事件で刑務所に入っていた山西(平田満)が出所を迎え、井上自身が大きく関わることとなる"ある事件"が起ころうとしていた…。

そしてついに、事件発生当日となる1月26日が訪れる…。


今回は、“ある事件”発生までの話。エピソード0です。

事件発生14ヶ月前。
訓練生の井上と面談をする尾形。
なぜSPになりたいかと問う尾形に対し、
「私のような境遇の人間を新たに生み出さないため。」と告げる井上。

事件発生13ヶ月前。
山西と面会する尾形。
SPが携帯する武器は「警護対象者からの信頼だ」と
講義をうける井上たち、訓練生。
尾形と警護課、理事官の西島が来所し、訓練生井上に会う。
井上は西島理事官の不気味な雰囲気を敏感に察知する。

事件発生9ヶ月前。
警護課第4係では、井上が配属される話でもちきり。
「いい男が警察官になるわけないでしょ。」←笹本サイコーヾ(≧m≦)ノ
「聞き捨てならんなぁ~。」←石田さん素敵~(≧∀≦)
第4係は、環境大臣の応援警護。
井上の警備態度に、不満をあらわにする山本。
尾形は「いずれわかるさ。」と受け流す。
そんな中、警護中異変を敏感に察知した井上。
無事警護は終了し、井上の能力を認める石田と笹本。

事件発生2ヶ月前。
第4係。
大きな事件は井上が来てから。と冗談を言い合う面々。
笹本、じーーっと井上を見つめて、
「疫病神...なのか?」 |ω・`)ププッ
「なんか、ものすごく大きな事件に巻き込まれそうな予感が
するんですよね~。」

と山本。
「不吉なこというなっ!!(パシッ)」←もちろん笹本にはたかれました。(^-^;

事件発生1ヶ月前。
井上の両親が死んだ事件の犯人、山西が出所。
山西を尾行する公安の田中...。
公安はなにを探っているのでしょうか。
そして、警護課第4係では...。
麻田首相の写真を見つめる井上。

事件発生1日前。
ある建物に近づく山西。
ライフルを用意する男。
官邸を出る麻田首相。
メールを送る西島理事官。
そのメールを受け取る初回に出てきたテロリスト。
山西の動向を尾形に伝える公安の田中。

夜。
...ベンチに座る井上。
隣のベンチを目を向けると、座っているのは山西。

そして、事件発生当日。
発砲音が鳴り響いて...。

いよいよ次回から、ラストエピソード!!
警護対象は麻田首相。
ますます目が離せませんっ!!(≧∀≦)ノ

西島勇司(飯田基祐)
警護課・理事官。

警護課全体を管理する上官。組織人としての考えを持ちながら、心情も理解し、井上らの新しい警護方法も個人的に容認しているところがある。尾形と同じ東大法学部出身で、本当は先輩後輩の関係。
麻田雄三(山本圭)
内閣総理大臣。

ほぼ無名だった衆議院議員時代のテロ事件で、幼い井上薫を護ったことで英雄視される。それがきっかけとなってテロ問題に関して筋金入りの強硬論者となり、巧みな弁舌も手伝い大衆の絶大な人気を得ていまに至る。
スポンサーサイト






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。