スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


「KIDS。」

≪story≫
タケオがアサトの秘密を知ったときから、友情は始まった...。

アメリカン・ダイナーの常連客で街の工場で働いているタケオは、街にやってきたばかりのアサトと出会った。アサトがテーブルの塩のビンを手も触れずに引き寄せるのを見たタケオが興味を持って話し掛けたのだ。
顔立ちにどこか幼いところがあり、性格も内気なアサト。
夢も希望もなく、過去、傷害罪でつかまった事もあるほど荒んだ生活を送っているタケオ。
アサトは、タケオの身体の傷を自分に移したことをきっかけに、人の傷を自分に移すことができることに気付く...。


KIDSバナー
“傷の深さも痛みも二人で半分こだね”

KIDS。
観てきました~ヽ(´∀`)ノ
今、アツい2人の共演は見逃せませんよね。

-----------
出演:
小池徹平玉木宏
栗山千明/永岡佑/仲野茂/斉藤由貴/泉谷しげる 他

原作:
乙一「傷-KIZ/KIDS-」
「失はれる物語 (角川文庫)」
「きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)」

主題歌:
槇原敬之「Firefly~僕は生きていく」





番宣やCM予告で流れる映像を観て、ストーリーが想像できました。
予想通りと言えば予想通りの展開。

でも、映像の雰囲気とか設定は、私好きデス♪(*^ω^*)

特殊な能力を持っていることで、親からも気味悪がられてたアサト。
父親との確執があり、荒れた生活をしているタケオ。

互いの傷が絆を深める-アサトとタケル。

映画観てて、「この映画では泣かないな~」とか思ってたんですが、
アサトの優しさにホロっと涙するトコもありました。
とんがってたタケルがアサトの優しさに触れ、父親にも優しくできたトキは、
「アサトのおかけだよ~。ノД`)」
と、またホロリ。(^L^;

全編通して、アサトの優しさに包まれてる映画でした。

多分、徹平くんがアサトを演じてるから、すんなり
アサトのキャラクターを観れたのかなって思います。

玉木くんのワイルドな感じは、結構良かったですし♪
私はこっちの玉木くんの方が好きですわ。(≧∀≦)

そしてっ!!
ラストで流れるマッキーの曲がすっごくイィです!!
エンドロールの最後まで動けませんでしたょ。

しばらく優しさを忘れてた自分には、とても癒される映画でした。

KIDSバナー
スポンサーサイト






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。