スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


「Gackt、ハリウッド・デビュー!!」

Gackt、謙信役見初められハリウッド・デビュー決まる


 俳優としても活躍するアーティストのGacktが、ハリウッド映画『BUNRAKU』(2009年公開予定)に出演することがわかった。昨年のNHK大河ドラマ『風林火山』での上杉謙信役に注目したガイ・モシェ監督からの出演依頼に応えたもので、ジョシュ・ハートネット、デミ・ムーアらとの共演が実現。今月中旬よりルーマニアで始まっている撮影に合流したGacktは、「この映画における僕の必要性を強く感じ、出演を快諾しました」と語っている。

 『BUNRAKU』は、『Holly』(2006年)のモシェが監督・脚本を手がける新作で、タイトルは、日本の伝統芸能である人形劇、文楽からとったもの。ストーリーなど詳細は明らかにされていないが、海外映画専門紙などによると、ハートネットが演じる流浪人・ドリフターによる復讐劇で、近未来のボーダレスな世界を舞台に、文楽やビデオゲーム、コミック、またドイツ表現主義など様々な要素が盛り込まれたアクション作品になるという。

 本作でGacktが演じるのは、ドリフターの相棒となる武士道の精神を表現するサムライ・Yoshi役。『風林火山』での上杉謙信役が高い評価を受けていたGacktに注目したモシェ監督は、直接本人を口説いた。その熱意に打たれたGacktは、「監督自ら日本に足を運び、この映画と僕の出演に対する熱い思いを何度も語り続ける姿勢に心を打たれました」と出演を快諾。『風林火山』でのドラマ初出演に続いて、一気にハリウッド進出を果たすことになった。

 Gacktは、俳優としての表現が世界に認められたことを喜びながら「ハリウッドを代表する大物俳優が並ぶなかで、自分の演技、表現が世界に通用することを証明したいと思います。夢をまたひとつ叶えに行ってきます」と力強くコメントしている。  (4月23日9時0分配信 オリコン)

Gackt 龍の化身Gackt 龍の化身
(2007/11/28)
撮影 野村誠一

商品詳細を見る

どこで注目されるか分かりませんね~。(^ー^)
どんどん、夢を叶えてるGacktですが、努力家な方みたいなので、
運も引き寄せるんでしょうね。
また、新たなGacktが見れそうです♪

映画のストーリーはまだ明らかにされてないそうですが、ジョシュ・ハートネット演じる
「ドリフター」の相棒で、武士道の精神を表現するサムライ、Yoshi役だそうです。

『BUNRAKU』は2009年公開予定!!
スポンサーサイト






↓↓ ポチっとよろしく。(^-^)ノ ↓↓
広島ブログ

キレイじゃんドットコム

↓↓ こちらもポチっとね♪(^-^)ノ ↓↓


元氣倶楽部


この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。